つのだりょうこが気ままにお届けする「りょうこ日和」
2014.12.27.Sat スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| | - | - |

2012.12.17.Mon no title

20121216_095100.jpg
家族が1人増えて、2ヶ月半が過ぎました。

感想は…。
「時間がない!」につきます。

1日の大半抱っこしているので、なかなか手が空かない。

「手が空いたらこれして…次は…」と、頭の中はいつもグルグルしてるし、なぜかいつも小走りしてます(笑)。

上の子はもうすぐ6歳で、自分の事はかなりできるようになっているのに、この慌ただしさ。
これでもし年子や2歳差だったら、その時の自分を想像すると、とても恐ろしい…。

でも、赤ちゃんは可愛いです♪

手が空いていれば、ずーっと抱っこしてあげたい、くらい。

話は変わり。

これは、1ヶ月健診が無事終わって、ほっと一息ついた頃のある夕方の話なんですけどね。

夕方の特に慌ただしい中、乳児の娘は泣く、と言うのが何日も続き、イライラもピークに達していました。

そんな時、文句も言わず同じ部屋で遊び、ニコニコと私に話しかけ、泣き叫ぶ妹をトントンと叩いてあげたりする上の息子の姿を見て、正直な感想として「ニコニコしてて偉いね」と言いました。

すると息子は「ぼくがニコニコしてたら、かか(私の事)はイライラしなくなるかな〜と思って。ぼくも頑張ってるんだよ」と答えたのです。

感激するやら申し訳ないやら。

感極まって涙が出てしまいました。

甘えん坊ちゃんだと思っていた息子は、妹が生まれた途端、優しいお兄ちゃんに成長していました。

先日幼稚園でマラソン大会があって、(結果は発表できるような順位ではないのですが)頑張って走ったら金メダルが欲しいと言ってたので、段ボールと金の折り紙で、簡単に作りました。

マラソン大会もだけど、お兄ちゃん頑張ってるで賞のメダルです。

喜んでくれました♪


| 14:18 | - | りょうこ日和 |

2014.12.27.Sat スポンサーサイト



| | - | - |